掃除をしていたら古紙幣や古銭が出てきた

荷物の整理をしているとタンスの奥から古紙幣が出てきた事はありませんか。私の場合は、母から譲り受けた板垣退助の描かれた旧百円札や新渡戸稲造の五千円札などを持っていました。残念ながら、私の持っていたお札は現行紙幣なので基本的には額面以上の価格はつかないのですが、未使用品の物で製造ナンバーが珍しいものだと高値がつく事があります。

有名なギザ十(縁がギザギザになっている、10円玉)も発行された年によって価値に違いがあり、昭和32年、33年のものは特にコレクターの間での価値が高いようです。お家にある古いお札や記念硬貨がまとめてある袋なんかに、一見普通の10円玉が混じっていたりしたらそれは価値のあるギザ十かもしれませんね。

このように製造年が比較的最近の物でも価値のある物はありますし、素人目にはわからない付加価値がつく場合もあります。鑑定のみが出来るお店もありますので、一度専門業者さんに見てもらうと予想外のお小遣い稼ぎが出来るかもしれません。

宅配での古銭買取サービスを上手に利用する工夫

古銭業者が行っている宅配買取サービスは近隣に古物商の店舗が無い地域に居住する人でも古銭買取りの依頼が出来るのが利点です。古銭や古紙幣はコレクションアイテムとして人気が高い一方、種類が多いことから価値を正しく算出するには専門的な知識が必要になります。

古物商によっては古銭を扱っていない所もあるため、所有している古銭や古紙幣を売却するためには遠方であっても専門の業者を頼るのが無難です。宅配買取であれば持ち込みの手間をかけずに査定を受けられるので、地域に関係無く利用することが出来ます。

宅配での買取依頼は査定額が希望に沿わない際の返送などの手間がかかる欠点もありますが、業者によっては確実に買取り契約を結ぶために宅配での査定を甘く見積もることがあります。

中古市場での価値より高く算出することもあるので、複数の業者を比較して評判が良い所を選ぶのが得をするコツです。古銭業者の評判は口コミサイトなどで確認出来ますが、古銭収集を趣味にしている人のグループに接するのも良い情報を得る工夫になります。

古銭を持っているのであれば売ってしまうことも

古銭を持っているのであればそれはコレクションとして楽しむというのを良いのですがそれなりの価値があるならば古銭買取に出すことによって今、使えるお金にすることができるようになります。特に興味がないのであれば売ってしまうというのも一つの選択肢でしょう。

コレクションの趣味としては一般的であり、持っていることも悪いわけではないのですが必要ないのであれば現金に変えてしまって何かが違うことで楽しむようにしてるというのも選択肢としてはあるわけです。

古銭買取をしてくれるところというのは当然古銭商であるんですがどうしても家の近くにないということはほとんどです。しかし最近ではインターネットでの買取などもやっているところが多いですからよく探してみて一番高く買ってくれるようなところに持っていくようにした方が良いでしょう。査定をしてもらうだけならば無料です。

但し、ネットで宅配買取などを申込みますと返送の費用はこちら持ちが殆どです。