いらなくなった百円札の取り扱いはどうすべき?

趣味で物を集めている時期は良いかもしれませんが、その趣味そのものが飽きてしまって、趣味ではなくなった場合、今まで集めてきたものは当然いらないものになる可能性が高いです。古紙幣の百円札の場合も同様ですが、価値あるものですから、古紙幣をそのまま捨てるわけにもいかないでしょう。

百円札をそのまま捨てることになれば、とても勿体ない話です。どれくらいの価値があるのかどうかは、古紙幣の内容によって異なりますが、少なくても多少なりとも金額はつくものですから、いらなくなった百円札は古銭買取りの専門店に持ち込んで買取査定してもらいましょう。

古紙幣の買取は色々なお店がありますが、今まで多くの古銭買取りを実行しているお店がおすすめです。そして、口コミもチェックしてみると、どれくらいの評判が良い買取り専門店なのかがわかります。

これらの情報を集めた上で、買い取り査定してもらうお店を確定し、査定してもらいます。場合によっては、古紙幣1枚が相当な金額で買取ってもらえる場合もあります。

古紙幣を買い取ってもらう前に状態をチェック!

コレクションなどで集められた古紙幣や、自宅で見つかった古銭を買い取ってもらう時、査定に影響が出るのが汚れの有無です。あまりにも汚れがひどいと査定額に差が出てしまいますので、買取に出す前には乾いた布で軽く拭きとる程度のクリーニングを行うと良いでしょう。

と言うのも、古紙幣には様々な種類があり、原料もそれぞれ異なります。きれいにしたいがために、洗剤などを使用してクリーニングをすると変色する恐れがある古紙幣も存在するため、査定に影響を与えないためにはそのまま買取に出す方が良い場合があるのです。

風合いを好むコレクターもいますので、ホコリなどの最低限の汚れを落として査定をしてもらいましょう。そのためにも、保管している間は酸化しないように、専用の入れ物に入れ、日光が当たらない場所で保管をしてください。

また、普段のお金を同じ感覚で素手で古紙幣を触ると、皮脂などの汚れが付いてしまいますので、取り扱う時は手袋を使用することをお勧めします。